どもども。リヒティです。

今日紹介するのはこれー。
NIKE AIR JORDAN 1 HIGH OG CHICAGO LOST and FOUND
DSC09719
発売日:2022/11/19
値段:¥20,900
カラー:VARSITY RED/BLACK-SAIL-MUSLIN
品番:DZ5485-612

SNKRSの限定アクセスで購入。

 2022年に発売されるナイキの最重要スニーカーの1足で、数多のスニーカーヘッズが求めていたAIR JORDAN 1 HIGH OG のシカゴカラーが5年ぶりの復刻となりました。まぁ、スパイダーマンもシカゴカラーだけどあれは別物ってことで。クラックレザーの使用と予想販売足数が50万足以上あるということで、割と容易に手に入るではないかと言われていましたが、蓋を開けてみると予想以上の激戦で手に入れらなかった人も多かったのではないでしょうか。

 このカラーとは全然縁が無くて、2015年モデルや2017年のスパイダーマンの抽選も落選しており、今回の抽選もダメだろうなと思っていたのですが、ついにゲット出来ました。「いえーぃやったぜぃ!買えなかったやつら息してるぅ?」とイキり倒したいところですが、そういうことやるとね。怨嗟の声がどこからともなく聞こえてくるので自重したいと思います。

 販売足数の多さからなのか、海外サイトも含めて色々なところで抽選応募が出来ていましたが、WEB抽選だとアトモスで応募したぐらいであとはSNKRS頼みでした。KITHとかUNIONとかもあったんだけど、完全に忘れていたし応募しても当たらねーだろうなと思っていた。なので今回はSNKRSメインで動いてドレコ次第でアトモスかTOKYO23に参加という感じで行動しています。

 SNKRSは購入チャンス多めで、11/17のSNKRS PASSと11/18の限定アクセスに11/19の抽選エントリーと3回もあります。さすがに50万足も出るならどれか取れるでしょ。特に今回は限定アクセスが来るルールとして「過去に10回以上AIR JORDAN1の抽選に参加して落選した人」が設定されており、このルールに該当しているから早けりゃ11/18には買えそうだなぁとか思っていました。

 ところが、11/17のSNKRS PASSをあっさりと外し、11/18の限定アクセスが通知されるPM12:00がやってきたが通知がこねぇ……('A`)はぁ?なんでこねーんだよやっぱシカゴカラーは縁がねぇなーと思ってTwitterで「限定アクセスきてねーやついるぅ?いねぇよなぁ!」みたいな呟きみて「は?ここにいるが?」とかぶつくさ言いながら諦めかけていたその時、PM12:03にSNKRSから限定アクセスの通知が!!!!!

 来たぁ!!AJ2バルビン以来、通算4回目の限定アクセス!!!!でも2016年からアカウント作って4回目の限定アクセスって少なくね?しかしこれでエラーで買えないパティーンもあるので少し震える手を抑えてエラーにならないように決済ボタンを押して待つこと数十秒で購入完了。こうして2015年から7年に渡ったAJ1シカゴゲットの実績解除ようやく成し遂げたのであった。

 実績解除したら次の実績解除を狙うのは当然ですよね。取れるか2足目。一兎を得たら二兎を狙うのは当然の流れ。11/19はSNKRSの抽選とTOKYO23かアトモスの実店舗抽選で
2足目をいただくぜぃと息巻いていましたが、当然の如くハズしてしまいシカゴ祭りは終わりを告げたのでした。

 ちなみに実店舗抽選はTOKYO23に行ったんだけど、780人ぐらい並んでいて並ぶのダル過ぎて帰ろうかなと思いました。だって並んだ場所原宿警察署の前なんだもん。AM9:50ぐらいに到着したけど自分の番に来たのがAM11:40ぐらい。抽選スタッフも疲れていたのか何番が当たりか教えてもらえずに整理券渡してパッドタップしてもらって番号見て帰るだけっていう作業でとんでもない徒労感。表参道とか千駄ヶ谷のアトモスは100~130人ぐらいの並びだったのでそっちに行けばよかったなと思いました。まぁ、記念受験みたいなもんだな。


ということで左からの図。
DSC09722

右からの図。
DSC09724
 アッパーは天然皮革のスムースレザーとクラックレザーのコンビ。クラックレザーが使用されているのはトゥボックスとサイドパネル、アンクル部分の3か所。サイドパネル以外は履いているうちにクラックレザーが剥がれそう。でもバキバキに割れているという感じではなく表面に薄くひび割れが広がっているという感じですね。85モデルのシルエットをらしいけど、普通のOGモデルと変わらなくね?
ミッドソールがもっとクリーム色っぽい感じになるのかと思っていたけどそこまででもなかった。

後ろからの図。
DSC09725

適当に。
DSC09694

DSC09695
 今回はシューズボックスがスペシャル感のある仕様になっていて全体的にユーズド感のある仕様となっています。あたかも倉庫の中でずっと眠っていたかのような佇まい。

DSC09696
 シューズボックスには販売価格から値引きになっている「SALE」のシールが貼られています。発売当時のAJ1は全然人気がなくてセール価格で販売されていたという話から採用されたディテールだとおもう。

DSC09697
 ボックスをあけると当時の広告を組合わせたスペシャルな包装紙が目に入ってきます。こういうのってたまに皺とか破れがあったりするんだけど、これは全然そういうのが無くて梱包時にかなり丁寧に作業したんだろうなという感じ。

DSC09699
箱の中に例の領収書。中の包装紙をすべて取り除くと出てきます。

DSC09701

DSC09702

DSC09700

DSC09703
 シューレースはホワイトとブラックの2色が付属していますが、こんな感じでシューズ内にまとめられています。たぶん当時はこういう感じでまとめられていたんだろうな。

DSC09704

DSC09705
インソールは最近主流のカップインソールタイプ。ホワイトじゃなくてブラックがよかったな。

DSC09727
 アウトソールも長年履かれずに保管していたからゴムの成分が浮いて白くなってしまったかのよう加工が施されています。こういう加工されていると「これは履かずに眺めるスニーカー」と思ってしまいますよね。

DSC09712
ウイングロゴはなんかぷっくりとしたエンボス加工でいつもと少し違う仕様になっています。

DSC09708
 アンクル部分のクラックレザー。すぐにべりべりと剥がれるような感じにはなっていですね。当時の革ってたしか芯まで染めるのが難しかったからこういう感じで下地の茶色っぽい部分が見えるようになっているんですよね。

DSC09706

DSC09707
 トゥ部分のクラックレザー。ボルトカラーのクラックレザーのAJ1も持っていますが、何度か履いたけど履いてそく表面が割れるとという感じは無いですね。最終的には割れるだろうけど日々の保管時にシューキーパーでも入れて皺部分を伸ばすようにしておけそこまで気にする必要はないはず。

DSC09714

DSC09715

DSC09717

DSC09718

DSC09726

DSC09720
Q:サイズ感とか
 シューレースを通しただけなのでまだ履いていないけど、見た目はいつものOG仕様と変わらないのでハーフサイズ上げたり下げたりというのは必要ないかも。

Q:クッション性とか
 インソールが最近のAJ1の主流になりつつあるカップインソールタイプなので少しクッション性は向上しています。

Q:クラックレザー部分の手入れってどうするの?
 頻繁に履かないなら手入れ不要と行きたいところですが、クラックの間にホコリとか砂が挟まると革が剥がれやすくなるので馬毛のブラシで右か左の一定方向にブラシを振るぐらいかな。

Q:クラックレザーってどのくらいでだめになる?
 履かずにラップとかに包んで観賞用とかなら20年ぐらい問題なさそうだけど、フィルムを剥がす時にクラックレザーの表面が剥がれそう。

Q:防水スプレーとか吹く
 頻繁に履かないので吹かないかも。

Q:どんな風にあわせる。
 細身のパンツであわせるかな。太いパンツだとアンクル部分のレザーとパンツの生地が擦れて劣化が早まりそう。

Q:プレ値どんな感じ。
 50万足も出るならプレ値もそこまで出ないでしょ?と思いきやそこそこ良い値段になっていますね。
11/21には11/19発売分のものが手元に届く人もいるので若干値段は下がりそう。



 

とりあえずこんな感じ。

:(っ`ω´c):ランキング参加中。ポチッとお願いします。


にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村