どもども。リヒティです。

今日紹介するのはこれー

NIKE DUNK LOW RETORO QS "ARGON"
DSC09446
発売日:2022/09/23
値段:¥14,850
カラー:FLASH/WHITE-ARGON BLUE-FLASH
品番:DM0121-400

SNKRSの抽選に当選して購入。

 超久々のSNKRSでのダンク当選。直近だとSB仕様のDUNKに当選していますが、ノーマルダンクの当選は2021年8月の「NIKE DUNK LOW RETORO PRM CIDER」以来となります。たぶん。28日着って書いてあったけど、ナイキがクレーム対策で納期遅めにアナウンスしているだけなのか当選から2日で届きました。

 今回は商品名に「QS」がついているので限られた店舗で販売される数量限定のモデルという話でしたが、足数はそこそこありそうな感じですね。

NIKE DUNK LOW RETORO PRM CIDERの記事はこちら。


 今回SNKRSの抽選で当選して購入できた通称「アルゴン」というダンクですが、オリジナルは2001年に発売されており、20年ぶりの復刻となります。2001年と言うとネオレトロが流行ったあたりかなと。このあたりでAF1とかAF2が流行っていてダンクの印象があんまりない。地方住まいだったので都市部の状況はわからないですが・・・・この当時はTASとかUBIQを履いていました。

 しかし、なんでアルゴンなんて名前がついたんですかね?アルゴンって無色無臭の貴ガスだから「ホワイトベースのカラーブロックでも良いんじゃない?」と思ったのですが、調べてみるとアルゴンは炎色反応では青色になると書かれていたので「なるほどそっちでしたか」となりました。

ということで左からの図。
DSC09448

右からの図。
DSC09447
 「なぜこんな爽やかなカラーブロックを秋に出した!?」とツッコみ多数のカラーブロッキングはトゥやヒールまわりにスカイブルーを使い甲の部分やサイドパネルにはブルーを持ってくるという夏の海を連想させます。これ夏ならもっと人気出たと思う。アッパーの素材は天然皮革と合成繊維の組合せになっており、今年の発売されたUNIONとコラボしたアルゴンカラーのダンクよりも良い素材が使用されています。

後ろからの図。
DSC09449

適当に。
DSC09439

DSC09450

DSC09451
インソールはスカイブルー。

DSC09443

DSC09444

DSC09445

DSC09440

DSC09472

Q:サイズ感とか。
 いつものダンクと同じサイズ感。AF1と同様にナイキの中では少しサイズ感大きめの印象。アディダスのスタンススミスとか普通のスーパースターと同じサイズ感でOK

Q:クッション性とか
 ノンエアなので普通。

Q:作りどう?
 インドネシア製のダンクは縫製が雑という話を聞きますがこのモデルの出来はどうか・・・?
DSC09441
スウッシュの縫い目www
DSC09442
シューホールの穴塞がっているwwww

 ざっと見たけど雑だと思ったのはここら辺ぐらいだけど、この価格帯なら許容範囲内。履き始めたら歩いている時にこんなところ見ないですからね。シューホールの部分も自分で穴開ければいいだけなので。

Q:プレ値つく?
 革の質感良さげなので寝かせておけば良い感じの金額つきそうだけど、スニーカーブームとダンクブームがいつまで続くかですよね。単純に自分で履く用として何足か確保しておきたいなら今が狙い時だと思う。

Q:どうやって合わせる。
 寒色系のカラーなので同系統の色を取り入れたい。アウターで色を拾うとやり過ぎ感出るけどわかりやすくて良いかなと思います。明るいパープルをアウターに使っても良さそう。


とりあえずこんな感じ。

:(っ`ω´c):ランキング参加中。ポチッとお願いします。


にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村